責任ある原料調達方針

私たちは、「OECD紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」に従い、紛争地域及び高リスク地域における人権侵害、テロリストへの資金供与、マネーロンダリング、不正取引、などのリスクを回避し、お客様が安心して製品を利用できるように企業活動を推進します。

 

  1. 私たちは下記の行為を容認せず、そこから利益を得ること、加担すること、支援すること、促進することは、決して行いません。

 

・鉱物の採掘、輸送、取引に関連した人権侵害

  1. あらゆる形態の拷問、残虐、非人道的で品位を傷つける扱い
  2. あらゆる形態の強制労働
  3. 最悪の形態の児童労働
  4. 広範な性的暴力など、その他の著しい人権侵害および虐待
  5. 戦争犯罪もしくはその他の深刻な国際的人道法の違反行為、人道に対する犯罪、 もしくは集団虐殺

・非政府武装集団に対する直接的または間接的支援

・違法行為を行う公的または民間の保安隊に対する直接的または間接的支援

・贈収賄および鉱物原産地の詐称

・資金洗浄

・政府に対する税金、手数料、および採掘権料の未払い

 

  1. 管理体制の構築

金、白金、パラジウム原料に対するサプライチェーン・デューデリジェンスを効果的に行うための適切な管理体制を整備します。

 

  1. 高リスクの原料調達の特定

OECD、LPPM、RMIのガイダンスに従いハイリスク地域を特定し、武装勢力との関係、不当労働行為、人権侵害、マネーロンダリングへの関与が疑われる取引を高リスクな調達と判断します。

 

  1. 原料及びサプライヤーの評価

原料及びサプライヤーに対するリスク評価の結果、人権侵害、紛争の助長、マネーロンダリングに関与している可能性があることが判明した場合は、リスク緩和を図り、リスク緩和ができない場合は直ちに取引を中止します。

 

  1. 教育訓練の実施

責任あるサプライチェーンに関与するすべての従業員に対し、必要とされる教育、訓練を継続的に実施します。

 

  1. 取引のモニタリングと記録

受領した金、白金、パラジウム原料が、サプライヤーから入手した情報と整合が取れていることを監視し、その記録を適切に保管管理します。

 

  1. 第三者監査の実施

RMI、LPPMのガイダンスに則り、責任あるサプライチェーン管理の体制及び実施状況に関し、定期的に独立した第三者機関による監査を実施します。

 

 

改定日:2022年1月1日

 

Responsible Materials Procurement Policy

 

We follow the Due Diligence Guidance for Responsible Supply Chains of Minerals from OECD Conflict and High-Risk Areas. We avoid risks such as human rights violations, terrorist financing, money laundering, and fraudulent transactions in conflict areas and high-risk areas, and promote corporate activities so that customers can be assured for using our products.

 

1.We do not tolerate the following acts and will never benefit, compliment, support or promote them.

・Human rights violations related to mineral mining, transportation and trading

a. All forms of torture, cruelty, inhumane and degrading treatment

b. All forms of forced labor

c. The worst form of child labor

d. Other significant human rights abuses and other types of severe abuses, including sexual violence

e. War crimes or other serious violations of international humanitarian law, crimes against humanity, or genocide

・Direct or indirect support for non-governmental armed groups

・Direct or indirect support for public or private security forces committing illegal activities

・Bribery and misrepresentation of mineral origin

・Money laundering

・Unpaid government taxes, fees, and mining rights fees

 

2.Establishing a management system for responsible sourcing of materials

We establish an appropriate management system to effectively conduct supply chain due diligence on gold, platinum and palladium raw materials.

 

3.Identifying high-risk raw material procurement

We identify high-risk areas in accordance with the OECD, LPPM and RMI guidance, and determine transactions that are suspected of being involved in armed forces, unfair labor practices, human rights violations, and money laundering as high-risk procurement.

 

4.Assessment of raw materials and suppliers

If risk assessment of raw materials and suppliers reveals that they may be involved in human rights abuses, contributing to conflicts, or money laundering, risk mitigation is undertaken. If risk mitigation is not possible, transaction is immediately suspended.

 

5.Implementation of training

We provide the necessary training to all employees involved in responsible supply chains continuously.

 

6.Monitoring and record keeping of transactions

We monitor incoming gold, platinum and palladium raw materials for consistency with information obtained from suppliers, and maintain their records appropriately.

 

7.Third-party audits

In accordance with the guidance of RMI and LPPM, we arrange for an independent third-party audit on the responsible supply chain management system and implementation status on a regular basis.

 

 

Revised on January1, 2022

 

2021コンプライアンスレポートはこちら